ブログBlog

12周年(断片と連続の変化)

2024.06.10

なんと202461日で

 

ひびき整骨院は、12歳となりました。

 

パチパチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

いやあ。

 

すこし振り返ってみたいなあと思います。

 

 

時の流れとは、中々、感慨深いもので

 

でてくるのは、感謝とワクワク感と寂しさかなあ。

 

なぜかどれも素敵な感情で、眩しい閃光の様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自身は、これまで周年とかに

 

何かを改める節目としては、あまり強く意識してきませんでした。

 

 

それはいい意味で、日々充実し満足していたし、

 

悪い意味では、胡座をかいて、甘えてきたのかもしれません。

 

 

 

しかし、自分はあまり変化してないような気分でいても、

 

しっかり見渡してみると、周囲はとても変化しているものです、、、

 

 

イマそんな改めた視点で、ひびき整骨院の足跡を眺め

 

実はとても沢山の流動的な変化をしてきているのだなあと、そう感じさせられたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし10数年前の僕も忘れてしまった、僕を良く知っている人がいたら、、、

 

 

何が変化していて、何が変化していないのかを教えてほしいなあとか。

 

 

 

その上で、これからの自分は

 

何を変化させていきたくて

 

何を変化させたくないのか

 

そんな事を話してみたいです。

 

かといって、全ては変化してくのが常なのも理解しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

よく一つの事象を眺めてみた時に、その断片連続性の、どちらにも魅力を感じるのですが、断片に何か心を揺さぶられるような情緒を感じとる事ができのは、やはりそれが連続性の中にあるからこそ、というのが前提にあるように感じたりします。

 

 

わかんないですけど。。

  

 

こんな小難しい表現して。

 

哲学的とか、そんな偉そうなものではないのですが、、、

 

純粋に、振り返りって、そんな気持ちになったりするのです。

 

なぜか12周年は、振り返ってみた方がいいかなと思っていたのに、、、

 

気づけば、6月は、もう10日も立っていました。

 

 

 

 

時間て、、、

って、思ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

普通は、10周年20周年とかかもしれないけど、12周になって、その様な気持ちの膨らみを感じている事は、自分でもとても不思議です。

 

 

なんでだろ。

なにかの転換期なのでしょうか。

 

 

 

それは自分自身が、数字の節目を意図しているわけでなく、整骨院としての流れも、様々な人脈や土台にも、そこに広がりや、厚さができてきた段階なのかもしれません。

 

 

 

1のフェーズから、次の第2フェーズへみたいな。

 

ただの干支刷り込みかもしれないけど 笑

 

 

 

 

 

 

 

もしくは、こういった視点を意識しないと、上書きで忙殺されていく日常に対して、本能が危惧しているのかもしれませんよね。

 

 

よくわかりませんが、、、

 

なにせ。

 

誕生で考えたら、いま小学6年生くらいまできました。

 

元気な思春期です 笑

 

 

 

記憶力悪そうな僕ですが

 

思い返すと、色々ありすぎました。

 

たくさんの出来事も、たくさんの出会いも。

 

 

酸いも甘いも。

思い出せる事が、何か愛おしいです。

 

多分だけど、そこには不安も希望も、葛藤も挑戦もあったのだと思います。

 

小さな循環の一部であり、大きな歯車に比べると、その力は微々たるものだけれど、自分なりに目の前に対し、真摯に取り組んでこれました。

 

それは、常に誰か応援してくれる存在があったからだと思います。

 

患者様、スタッフさんはもちろん。

 

大学院という学び場や、プライベートの人間関係含め。

 

一見それらは違うチャンネル(分野)達のようで、実は全ての自分を取り囲む環境に、断絶はなく、繋がっていたという事が、いまでは深く感じられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

開業から、これまで出会ってくれた患者さん達、これまで働いてくれたスタッフさん達、整骨院以外にも、沢山の刺激的な仕事を依頼してくれた皆さま。

 

 

 

本当に感謝、感謝です。

 

 

 

まだまだ、ひびき整骨院は

 

これからも着実に歩んでいきたいと思います。

 

皆さま宜しくお願い致しますね。

 

 

 

 

いつでも立ち止まったら、いい景色が見える瞬間を。

 

ずっと足していきたいなあ。